通夜と葬儀、告別式について

通夜と葬儀、告別式について

お棺について(1)

棺桶の中に入るのは、俳優さんや女優さんほか、よほどの理由がない限りは、すでに亡くなってしまってからになるのが普通でしょう。でも、亡くなってから入るのはお墓や骨壷だってまったく同じことですが、やはり、お墓や骨壷と棺桶とでは、またちょっと別物であるというイメージがあります。その差異のもっとも大きな根拠が、生前の姿をとどめているか否かという部分になるのではないでしょうか。

 

つまり、お墓や骨壷は、もう生前の姿をとどめていない「お骨」となって入る場所であるのに対し、すでにその魂は存していなくても、棺桶の場合は生前とほとんど変わらぬ姿をとどめたまま入る場所であるというのが、大きな違いとなって認識されるはずです。それだけに、お墓や骨壷にこだわりたいのと同じように、いや、あるいはそれ以上に「お棺」にこだわりをもちたいと考える人はたくさんいらっしゃるのではないかと想像できます。納骨の費用ならエターナル

 

 わが国では、葬儀の様式が多様化しているということはすでにご存知の方は多いと思いますが、ということは、それだけお棺に関しても多様化してきているということもまず間違いではないはずです。しかし、実際のところ、葬儀それ自体がどんな形式で行われようとも、お棺なしで葬儀を行うという話だけは聞いたことがありません。日本で行われる葬儀の場合、ほとんどの場合、ご遺体は「お棺」の中にしっかりと安置されることになるのです。
 ということで、次の項では、今度は「お棺」のことに関してまた少しお話をしてみたいと考えています。

お棺について(2)

日本におけるお葬式では、ほとんどの場合、ご遺体が安置される棺は「天然木製棺」か、もしくは「桐製棺」が用いられることになります。他にも、「布張製棺」や「彫刻棺」、さらには「プリント棺」、あるいは「合板製棺」といった、実にバラエティーに富んだ材質のお棺が用いられます。材質が異なれば、当然そのお値段もまたバラエティーに富むことになります。これらのお棺は、依頼した葬儀屋さんによって扱う材質が異なると考えて問題ありません。ということは、それだけ値段の差が葬儀屋さんによって異なると考えることもできるわけです。
納骨 永代供養 格安 株式会社エターナル

 

 あくまでもサンプルとして価格を書かせてもらうと、ごくリーズナブルなお棺でも、だいたい8万円は超えてくることになると考えておいたほうが無難でしょう。持ち手など、機能性に富んだ棺になると、20万前後はかかると考えておくべきですし、また、彫刻をほどこしたものや、高級素材のお棺の場合は80万円ではまだ足りないといった、高価なお棺も実際に存在しています。

 

 どうせ斎場でみんな灰になってしまうのだから、素材なんてそんなにこだわる必要はないと考える人もいるかもしれませんが、やはり中のご遺体のことを考えて、たとえ灰になってしまうとしても、できる限りのことはして差し上げたいと考える人も多いですから、これだけバラエティーに富んだお棺が世に出るようになったのでしょう。そして、それはつまり、「死者に対するバラエティーに富んだ考え方」であるとも解釈できるのではないでしょうか。

お勧めサイト

目指せ海外就職!グローバル人材のためのキャリアアップ
http://www.cheapghds.org/

 

海外就職を考えている人のためのサイト。
参考にしてみてはいかがでしょう。

 

まつげエクステのあれこれ
http://www.joshgrobanlive.com/

 

まつげエクステの細かいことが書いてあるサイトです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ